読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CoD4 MW2のティーザー翻訳品質がとても高いです、あとティーザーについて


Twitter 上で Kyogo さんのつぶやきを見て知りました。
日本語版公式(音声注意)

うわあ、いいいいいデキだああああ。
素直に感動。スクエニがんばった! これからもがんばってください!



以下余談。
ゲームの発売前に公開されるムービーなんかは Teaser って呼ばれて、日本語でも時々ティーザーティーザー言われていますけど、直訳すると「じらすもの」って意味なんですよね。

で、競走馬の種付けの話なんですけども。
競馬の場合、生まれてくる子の能力をできるだけ高められるよう、「立派なお父さんから子種をもらうためにお金を払う」ことが一般的で、
そのためにメス馬のオーナーは種付料というのを払って立派な成績を残したオスとの交配権を買うんです。
でも肝心のメス馬さんときたら、「あの種馬さん、なんだか好みじゃないわ不細工だし...あと何か気に食わないのよね...」とかめんどくせーことになって発情してくれないことがあるんです。
そんなとき登場するのが我らがTeaser(じらすもの=あて馬)!

  • メスが発情しない (私の好みは栗毛色のすらっとした美少年風なんだけど的なこと)
  • 超イケメンだけど走るのはちょっと苦手... というひょろひょろイケメンオス馬をメスの近くに配置!
  • メス、イケメンに猛アピールして発情!
  • ここでトラップカード「Teaser」発動!イケメン撤収(彼も興奮度MAXのまま)! ブサメン種馬登場!
  • メス、もうとりあえずそれでOK!カモォン! ということに!
  • →  種  付  け  成  功  !

というのが本当にありやがるのですよ。
僕は英語の勉強のしかたが変だったので、「Teaser=あて馬」という認識の時間が長かったんです。
なので、未だにこの単語を聞くと興奮120%のまま撤収させられていくヒョロイケメンの悲しいいななきが蘇ってきます。


以上、蛇の足だか馬のアレだかわからないお話でございました。